ブログ

子どもの鍼灸治療

10月は子どもさんが多く来院されました。

小学3年の男の子は

3日前の運動会の練習中に右膝が痛くなり

それからずっと足を引きずって歩くんですと

お母さんが心配して連れて来られました。

小学生くらいになると小児針の治療ではなく

脈診をして大人と同じ経絡治療をします。

ただ 針は刺さないで経穴をそっと触れるだけです。

子どもさんはハリをした事に気づいてないです(*^o^*)

こっちもプロです😅

いかに気づかれずにささっさとするか(笑)

全く痛くないので子どもさんも平気です。

マッサージ、整体、電気治療もありますが

鍼治療は効果が早いです。

軽く身体をほぐして終わり!

運動会までに痛みはすっかり取れて

後日お母さんから

無事走れたし、ダンスも元気に踊ってくれましたと報告頂きました。

あとは

部活の痛みの高校生が2人

夜泣きの幼児もけっこう来られてました。

鍼をするって言われると怖いし、

ひくけど

東洋医学の治療をするって思って来てください。

鍼をせずに経穴を押したりだけの治療もあるので

まずは東洋医学ってどんなんか見に来てもらって

説明を聞いてからやるやらん考えてもらって大丈夫ですよ😁