女性の病気と鍼灸治療

更年期症状・生理痛・生理不順・不妊は鍼灸治療で改善できることがあります

女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、ホルモンの状態が大きく変わり心身に影響を受けます。女性固有の症状には、月経痛、PMS、不妊、冷え症、つわり、逆子、更年期障害、尿漏れ、関節の痛みなど様々なトラブルがあります。
病気ではないが身体の変化で起こる不調には東洋医学の鍼灸治療で改善できることがあります。
西洋医学でなかなか効果がみられない方は一度鍼灸治療を受けてみませんか?

更年期症状について

発症する年齢

一般に閉経の前後45〜55歳位を「更年期」といいますが、当院の患者様では30代後半から60歳前後の方でも更年期のような不調に悩まされて来院されてる方も多くいます。

症状はさまざま

ホルモンのバランスが崩れると身体のいろいろな機能に不調がおこりやすくなります。
あらわれる症状やその程度は人によりさまざまですが、身体がとても疲れいる方、ストレスで身体に力が入って緊張状態が抜けてない人に症状が悪化している事が多いです。

当院で対応している主な症状

  • ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗等)
  • 冷え性、手足が冷たい
  • 首や肩のこり
  • 背中や腰が痛む
  • 疲れやすい
  • 足がだるい、倦怠感、むくみ
  • 便秘、下痢
  • めまい、耳鳴り
  • 頭痛、頭が重い
  • 不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い
  • どうき、息切れ
  • 手の痛み、指の痛み
  • イライラ、落ち込みやすい

その他気になる症状は、一度ご相談下さい。

更年期症状に対する鍼灸治療

まず、緊張している身体を丁寧にほぐして、疲れがとれるよう全身の気血の巡りを良くします。次に更年期の症状に対して、東洋医学の考えに基づき、陰陽のバランス気血のの調整をし、ひとりひとりの体質に合った治療を行います。

お灸がおすすめ!

更年期症状にはお灸がよく効きます。
背中とお腹、手足のツボに温かいお灸をすえていきます。
気血が巡り症状が徐々に緩和されていきます。
女性に多い冷え性も改善されていきます。

不妊治療について

当院では妊娠ができる母体への体質改善を目的とした治療をしています。
完全個室のためプライバシーが守られた環境でゆったり安心して鍼灸治療を受けていただくことができます。

治療効果

鍼灸治療を行うことで子宮の緊張緩和と子宮血流が増加することが分かっています。
子宮内の血流が良くなることでホルモンバランスが整えられます。質の良い卵子を育て、着床しやすい体を作ります。

不妊治療に対する鍼灸治療

当院では日本伝統鍼灸の経絡治療で、お一人お一人の体質に合わせた身体に優しい治療を行なっています。
身体の隅々を巡っている経絡のアンバランスを主に手足のツボを使って治療していきます。身体の変化を脈で確認しながら丁寧に治療しますので痛みはありません。

不妊治療は冷えへの対処がとても大切なので、お灸や温灸で腰やお腹、足の冷えている所をじっくり温めます。冷えの状態によってお灸の量が変わるので、長い方だと治療時間が80分程かかる場合もあります。
鍼やお灸で身体を緩め、血流を良くすることで、自律神経を整えることにつながり、ホルモン分泌の改善を促していきます。

治療頻度

治療は一週間に一回の頻度で来院して頂きます。体質改善は一気にはできません。
少しずつ改善されていくので2〜3ヶ月で良くなることもありますし、一年以上かかる方もいらっしゃいます。