子ども鍼(小児はり)

子ども鍼(小児はり)について

子ども鍼(小児はり)は、小児専用の特殊な刺さないハリで、経絡・経穴をさすったり、押したりして皮膚に軽い刺激を与える気持ちのいい治療です。赤ちゃんや子どもはとても敏感なので軽い刺激でも十分効果が得られます。
特に子ども特有の夜泣き、かん虫(キーキーいう、泣く、怒る、イライラ、噛みつき)は子ども鍼(小児はり)がよく効きます。
当院は子ども鍼(小児はり)にとても自信があり、チックや夜驚症、夜泣き、かん虫をはじめ、様々な症状のお子様が多数来院されています。お一人おひとりのお子様に必要なツボや経絡を選んで治療しています。
子ども鍼(小児はり)は自律神経のバランスを整え、ストレスや病気に対する抵抗力がつき元気に成長する力を高めます。

子ども鍼(小児はり)に適した症状

  • 夜泣き
  • かん虫(キーキー言う、イライラ、泣く、怒る、噛みつき)
  • 食欲がない、食べない
  • チック症
  • 夜驚症
  • 夜尿症
  • 小児ぜんそく
  • 便秘
  • 子どもの慢性疾患

その他気になる症状は、一度ご相談下さい。

対象年齢

生後8ヶ月頃から受けられます。当院では赤ちゃんや幼児から小学生、中学生、高校生のお子様も通院されています。

補足

赤ちゃんや怖がりのお子様は、ご家族の方がひざの上に抱っこしたまま治療できますので不安なく、リラックスして治療を受けて頂けます。

痛くない子ども鍼(小児はり)

『子ども鍼(小児はり)』は、刺さない、痛くない、気持ちいい、子ども用の治療です。
副作用がないので安心してお試し下さい。

杉原鍼灸整骨院スタッフ